保護者の皆さまの声

佐藤幼稚園をえらんでよかった

2020年度 卒園児 / 保護者さま(Sさん) 

通園可能な範囲にたくさん幼稚園があり、当時私は幼稚園選びにとても悩みました。街中にあるのになんとなく暖かい空気に包まれていて、ひよこデーなどで連れてこられるお母さんたちの雰囲気も良いし、何より我が子がとても生き生きと遊ぶ姿を見て佐藤幼稚園に決めました。
幼稚園時代はたくさん遊んでほしいと願っていましたが、期待通りの保育でした。
川遊び、ちょっと遠くの公園、冒険広場などへのお出かけにたくさん連れて行ってくださいました。家族とのお出かけとはまた違うようで、園外保育をいつも楽しみにしていました。それから、たくさんの行事がありますが、一つ一つ子供たちが楽しく活動できるよう工夫されていて、子供たちはいつも一生懸命でした。そして、行事が終わるたびに大きな成長を感じました。
佐藤幼稚園で伸び伸び活動させてもらい、幼児期に必要な大切なことをやらせてもらえたおかげで、子供らしく、たくましく成長できました。私の選択は間違っていなかった、と卒園した今確信しています。

子どもらしく のびのびと

2020年度 卒園児 / 保護者さま(Kさん) 

2人の子が通った佐藤幼稚園!愛情たっぷり一人一人をしっかりみてくれ、個性を認めてくださる先生方のおかげで、子どもらしく、言いたい事を伝えられる子に成長してくれました。運動会では三角積木の青に絶対登りたい!と自分で目標を決めて、悔し涙を流しながら沢山練習したり、冒険広場で皆で遊んだ思い出。年少から年長までの大切な3年間を本当に素敵な先生方と素敵なお母さん達と過ごす事が出来て親子共に楽しかったです。体を動かす事が多い幼稚園です。毎日青空の下で思いっきり遊べるのはこの時期しかなかったなと。卒園した今は思います。
佐藤幼稚園に通わせる事が出来て、本当に良かったです。

本当に大事なものを教えて頂いた園生活

2020年度 卒園児 / 保護者さま(Tさん) 

大好きだった佐藤幼稚園を卒園して、これからの小学校生活に馴染めるのかなあ…と多少思うところがあったのですが、入学してみれば、「楽しい!」「大好き!」の毎日を送っています。
息子の場合は、幼稚園の3年間で日々の園での遊びを通して先生方にしっかりと根っこ、そして芽を育てて頂いたおかげかと実感しています。子供自身が持っているチャレンジする気持ちや好奇心、想像力などを先生方が何よりも大事にして、「やってみたい!」や、「やればできる!」という思いに繋がるよう導き、たっぷりと自信をつけて下さいました。
また、何でも思いっきり取り組むという姿勢に、家族みんなも行事やイベントの度に一緒に熱くなり、親も楽しく充実した園生活を経験させてもらいました。
そして世界でたった一つの思い出帳は、卒園児である私もそうであるように娘と息子にとっても、思い出をつなぎ合わせてくれるだけでなく、めくる度に、楽しかった・頑張った…という気持ちを蘇らせてなんとも言えない安心感に包まれる宝物になると思います。
時代が変わっていく中でも常に子供の目線になり、本当に大事なことを続けて下さっている事に心から感謝しております。

「心」を育ててくれる佐藤幼稚園

2020年度 卒園児 / 保護者さま(Aさん) 

「この子はこの子のままでいいんだよ」と1人1人の個性をとても大切にしてくれます。
「心」を大事にしてくれる幼稚園です。先生方もとても細やかです。
お迎えの時などに、学年の違う先生から「今日は転んでしまったみたいで…」などと報告をしてくれたり、どの先生も母親はもちろん父親の事まで覚えてくれていたのにはびっくりです。とても園と保護者の距離が近いように思います。
子どもも、ここにしかない冒険広場などでの楽しい嬉しいことはもちろん、三角積木や騎馬戦・棒倒しなどで経験した悔しい気持ちが、「チャレンジする心」「あきらめない心」「仲間と力を合わせる心」などを育ててくれ、あんなに内向的だった我が子も小学校では何事にも自信を持ってやっているような気がします。
心も体も逞しく育ててくれた佐藤幼稚園は、子どもはもちろん私にとっても大切な「心のふるさと」です。

大切な力を育ててくれた幼稚園

2019年 卒園児 / 保護者さま(母) 

遊びを大切にしてくれる園、子どもの気持ちを大切にしてくれる園。それが子供達が幼稚園に通っていた時に感じていた事でした。
3人の子供が卒園した今、私の子供達に限らず、友達や先輩を含めた佐藤っ子に共通して感じる事があります。それは「のめり込む力」です。中学生、高校生になり、それが勉強であったり、スポーツであったり、音楽であったり…。向かうものは人それぞれですが、スイッチが入った時の姿はびっくりします。
それは幼児期に遊びを重視した保育を経験したからではないかと思います。遊びだからこそ失敗を恐れずやってみる。楽しいからこそのめり込む。色々な事に意欲的に向き合い、全力で取り組んだ結果、一つの事をやり遂げる事の素晴らしさや達成感を味わえたのだと思います。
そして、そういった思い切り打ち込む経験が「やり抜く力」や「主体的に学ぶ力」を育ててくれたのだと思います。

佐藤幼稚園で思いっきり遊ばせてもらえた事、子どもを第一に考えて保育をしていただいた事、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

個性を大切にして、想像力を身につけてくれた園生活

2019年 卒園児 / 保護者さま(母) 

佐藤幼稚園に入園し子供達は冒険広場が大好きになり、先生方は私が感じた以上にとても丁寧に子供達一人一人の個性を大切にして接してくれました。
園生活を通して「一人一人違っていい!」と1人目の子の時の3年間で私も学ばせもらい、感謝しています。
保育は、楽しいイベントや子供達が一生懸命に取り組める行事、歌や絵本も沢山触れさせてくれて心も育てて頂き「想像力」も身につけさせてもらえたと感謝しています。
特に佐藤幼稚園の造形展は凄くて、園舎全体が作品展の会場となり、年少さん、年中さんでも見ごたえがあり、年長さんになると大迫力です!子供達で話し合い力を合わせてテーマの世界を表現しているのですが、言葉に表せないくらい本当に素晴らしい作品に毎年なっています。夢中になって力を合わせて作ったんだなぁと感じます。
そのような園生活を送らせてもらえたおかげで、今では、絵や、工作、観察の時などもあまり悩むことなく、こう書く!こうしてみよう!と自然にできています。幼稚園の時期に思いっきり楽しんだ中で身につけさせて頂いた「想像力」は、一生の財産になると心から感じています。

親子で楽しめる幼稚園

2019年 卒園児 / 保護者さま(父) 

冒険広場や園の伸び伸びとした雰囲気がとてもよく、先生方誰もが、子供や親の顔も覚えていてくれて安心できると感じ選びました。平日の参観会等には、仕事上行くことはできませんでしたが、一年に一回土曜日にある行事はお父さんにも参加できました。
年少の時は親子で思いっきり体を使ってふれあい、年中の時は、森林公園の中を親子で歩き、年長の時は園をスタートし、徒歩、バス、電車等を乗り市内の目的地を回るラリーを行いました!兄妹もいると2人で出かけたりする機会も少ないですし、普段車での生活で、街中を親子でバスや電車に乗ることも無いのでとても楽しい行事でした!
冒険広場でも1年間で何回か、ミニイベントを土曜日に行ってくれます。予定が合えば家族で遊びに行かせてもらいました!そこでも子供同士の様子なども見ることができ、またお友達のお父さんとも顔を合わす機会が増え自然に子供のことを話したりでき楽しい時間を過ごさせてもらえました!
小学生に入ると習い事などで忙しくなってきますし、子供も少しずつ親離れも始まります。成長を感じ嬉しいですが、少し寂しさも感じたりします(笑)
幼稚園の時期に父親でも参加でき過ごす機会を多く作ってくれた幼稚園に感謝しています!